軽井沢・熱海の別荘建築といえばアトリエ137

暖炉と薪ストーブ 別荘地の〝冬〟を盛り上げる定番になりつつある「暖炉」や「薪ストーブ」。暖房効果はもちろんですが、非日常の‘演出’という意味でも良い仕事をしてくれます。

暖炉と薪ストーブの違い

暖炉と薪ストーブでは「暖房効果」「演出効果」に大きな差があります。
暖炉は炉がオープンになっているため、暖まった室内の空気が炉から屋外に排出されてあまり室内は暖かくならず。薪も自然に燃えてしまうので燃費がよくありませんが、薪の燃える音、におい、裸火など演出効果は高くなります。
一方、薪ストーブは炉が密閉されているので、鋳物からの射熱により遠赤外線の柔らかな暖房効果が得られます。また、暖炉とはくらべ、薪の持ちが非常に良いのも特徴です。

暖炉・ストーブライフの必需品

(左)薪(中)薪置場(右)アックス(斧)、最近は予め近所のスーパーなどで割れている薪を利用する方も多いので、必ずしも必要ではないかも知れませんが・・・。時間的な余裕があれば、「自分で木を集め、薪割りをし、乾燥させ、薪を炉にくべる」という一連のロマンを体感して欲しいです。

PAGE TOP