軽井沢・熱海の別荘建築といえばアトリエ137

リゾートハウスに暮らす。都会の喧騒を離れ、田舎暮らしを求めて、軽井沢や熱海などに移住されるかたが多くいらっしゃいます。非日常は日常になり、たくさんの気持ちのよい時間がやってきてくれます。自然に癒される一方で、自然の厳しさを体感する-シェルターとしての家づくり。
  • 建築家インタビュー
  • 「リゾートに暮らす」

リゾートハウスのデザイン

気候風土を知ること

移住を決意されるには、セカンドハウス以上に、その土地の気候風土を知ることがもっとも大切です。
そこでの暮らしがありますので、何かご縁のある場所に移住されるのがよいような気がします。
1年を通して快適に、が求められます。妥協は許されません。ここがセカンドハウスとの大きな違いです。
寒冷地では断熱気密をしっかりすることはもちろん、ランニングコストまで考えた暖房計画も必要ですし、一方で夏場は風通しよく、冷房のいらない空間計画をしていいます。

海、山、田園、歴史のある街

自然豊かな場所で、自然と触れ合いながら。
家庭菜園を楽しみながら。
歴史のある街で、その時間の流れや人の営みを感じながら。
どこの場所に建てるにしても、その土地にあった風景に馴染む外観づくりが大切だと考えています。

住宅の機能性と別荘の気持ちよさ

セカンドハウスでは、一時的な滞在を繰り返しますので、「とくにかくオープンに」というつくり方も気持ちよいですが、「家」となるとそうはいかないことも多くあります。開放的でありつつも、視線を感じることなく、安心して暮らせる空間づくりが求められます。
また、収納や動線計画もより繊細さが求められます。できるだけ行き止まりをつくらない、空間づくりを考えています。

» 建築家インタビュー05へ
リゾートハウスのデザイン » HOUES

PAGE TOP